エイジングケアはクレンジングも大切です

クレンジングでエイジングケアも可能になります。


クレンジングでメイクを落としますが、選び方や使い方次第で肌を老化させることもあります。

洗浄力や刺激、落としきれないメイクなどで肌に負担をかけて肌荒れなどにつながり、それを続けているとシミやしわなどの原因となってしまいます。

エイジングケアをする方法にはエイジング用の化粧水など化粧品を使うことを考えますが、間違ったクレンジングでメイクの汚れが残っているなどでしわなどができてしまいます。

クレンジングのエイジングケアついて詳しく説明しているサイトです。

肌に合った化粧落としを使うことは、化粧水や美容液などの肌への浸透もサポートし、結果的に肌のターンオーバーを整え、肌トラブルのないキレイな肌を保つことが期待できます。


種類もいくつかありますが、エイジングケアに向いているのは、ナチュラルメイクであれば水溶性のジェルタイプ、保湿効果のある洗い流すクリームタイプ、洗浄力は弱いものの敏感肌や乾燥肌でも使うことができるミルクタイプなどがあります。
一番洗浄力が強いオイルタイプは、濃いメイクなどもすっきりと落とすことができますが、脱脂力が強く肌に必要な皮脂までも落として乾燥肌を引き起こすことにもつながるため、肌へのダメージを考えるとエイジングケアには不向きです。



オイルタイプの中には敏感肌でも使えるタイプもあるので、それであればエイジングのために使うことは可能です。リキッドタイプも強い刺激があるのでエイジングのためには不向きですが、メイクが濃い場合のみに使うなど使い分けるのであれば良いですがおすすめではありません。

エイジング用の化粧水などスキンケアに気を付けるのであれば、クレンジングの選び方にも注意が必要です。
クレンジングでメイクの汚れなどをしっかり落とすこともエイジングケアにつながるため、自分の肌質にあったタイプを使うようにすると良いです。