顔のたるみを改善するマッサージ

加齢や乾燥など様々な原因によって顔のたるみは出てきます。顔がたるんでしまうと老けた印象になってしまい、見た目にも大きく影響してきます。たるみを改善するためには、表情筋を鍛えるようにエクササイズなどをしたり、マッサージすることが有効です。顔のたるみを改善するマッサージのやり方としては、まず顔に雑菌がつかないように手を洗ったら、オイルやクリームを塗って肌に負担がかからないように滑りを良くしていきます。

準備が終わったらまず、フェイスラインに沿って手のひらを使ってたるんだ頬をこめかみに向かって引き上げていきます。左右交互に5回ずつ行います。手のひらの厚い部分を、広角のたるんだ部分に当てて持ち上げるようにゆっくり回転しながらマッサージしていきます。上唇が浮いて持ち上がるように力を入れて回転させます。

口周りと方法、顎のコリをほぐすようにマッサージしていくことがポイントです。頭皮や首がコルのも血行不良につながりたるんでしまう原因の一つになります。改善するためには、まず首回りの筋肉を緩めて血液やリンパの流れを良くしていきます。首を前後左右に傾けて、力を抜いて回して後頭部や首のツボを押してコリをほぐします。

そのあとで、痛気持ちいい程度の力で、生え際から頭頂部、後頭部、側頭部の順番で髪の毛をすくうようにしてつかんだら軽く引っ張りながら円を描くようにマッサージしていくと効果的です。額を握りこぶして小さく円を描くようにもみほぐすのも有効だとされています。池袋でリフトアップのことならこちら