肌表面を傷つけないたるみ治療

年齢を重ねると肌がたるむのは自然な現象です。ただ、見た目が老けて見えるため、顔のたるみに悩む人は多いです。肌がたるむ原因のひとつは、肌の弾力性が失われることです。肌の真皮層には、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった肌のハリや弾力を保つ成分があります。

これらは加齢だけでなく、紫外線や生活習慣、肌の乾燥などによって徐々に減少していきます。それにより肌のハリがなくなり、たるんでくるというわけです。また、顔にある筋肉が衰えてくることも原因のひとつです。たるみ治療として人気があるのは、肌表面を傷つけずに改善できる、レーザーや高周波による治療です。

サーマクール、ウルセラ、タイタン、フォトフェイシャルといった数々の機器があります。たるみ治療に使われる機器から発せられるレーザーや高周波の熱エネルギーを照射することで、真皮層へアプローチでき、コラーゲンの増生を促したり、筋肉のたるみに働きかけ、引き締め効果を得たりすることができます。最も効果が実感でき、効果の表れも早いという点で人気のたるみ治療法となっています。たるみ治療にはさまざまな機器が開発されていますが、利用され始めてからの年月が浅いため、症例数や経験数の多い、技術力の確かな医師に相談することがおすすめです。

人によってたるみの原因は異なり、その原因に対応した治療法でないと効果があらわれないこともあるからです。自分にとって最も効果のある方法を提案してくれる医療機関選びも重要となります。池袋でハイフのことならこちら