たるみ治療にボトックス注射の注入

たるみ治療のために美容クリニックでは、その人にあった治療を提案し実行するととができます。そのひとつがボトックス注射で、ボツリヌス菌より抽出したたんぱく質のボトックスを、たるみの気になる部分に注入するやりかたです。ボツリヌス菌よりのエキスの効果は、筋肉収縮をストップさせたり、注射により筋肉の動きを鈍くさせることになります。ボトックス注射は肌に小じわが出来た時にも、とてもポピュラーに用いられるプチ整形的な方法です。

シワやたるみのあるところへ注入することで、肌の表情筋の動きは抑制されることにないます。その作用でたるんだ状態もシワもそれ以上はひどくはなりませんし、良い状態に変わっていきます。表情筋の動きは一時的に抑制されることにより、皮膚はピンとハリを持つようになります。ボトックス注射を打つことで、老化した疲れた顔の表情は、生き生きとした若い印象へと変わることになります。

予防にも良いのがボトックス注射の利点でもあり、あらかじ注射をしておくことで、完全に皮膚にシワが刻み込まれないように予防することにもなります。たるみ治療にボトックス注射をうつことで、数日もすれば皮膚には変化を感じ始めます。初めて注入をした人は、その変化に最初こそ戸惑うかもしれません。顔の肌に軽い筋肉痛を感じたり、内出血に戸惑うこともありますが、それは一時的なものですので心配ないです。

効果が出てくれば、その良い状態は3ヶ月から半年ほどは継続します。